• By | 16 Nov 2021
    今日は金曜日ということで、先週のCFD界の出来事を振り返ってみましょう。 今週の”必読”は、プログラマーの生産性に関するACM Queueに掲載された記事です。プログラマーの方、プログラマーのチームを率いる方にお勧めしたい記事です。CFD分野での仕事を探している方には、Cadence CFDチームでPointwiseソフトウェアを担当する方など、いくつかの求人情報が掲載されています。Cadence CFDの話題では、OMNISの最新バージョンがリリースされ、多くのエキサイ...
  • By | 16 Nov 2021
    最新のOmnisTM シミュレーション環境では、新しい個別要素法ソルバー、S2Vメッシュ生成モジュール、その他100以上の新機能が追加され、ワークフローの簡素化、生産性の向上、適用範囲の拡大が実現されました。 Omnis/Hexpress – S2Vメッシュ生成アプローチ Omnis/Hexpress の非構造化格子生成ツールセットにS2Vモジュールが追加されました。 S2Vモジュールでは、ジオメトリがきれいでコンフォーマルな場合、ジオメトリに沿った高品質のサーフェスメッシュと、滑らか...
  • By | 16 Nov 2021
    私はよく、ジオメトリモデリングはメッシュ生成にとって、CFDにおける乱流モデリングのようなものだと言っていますが、それは大きな挑戦です。以下のインタビューでは、Cadence社のNick Wyman(ワイマン)氏がこの課題の範囲についてEngineering.comに語っています。記事全文は CFD Mesh Generators: Engineering.comの記事でCFD Mesh Generators: Top 3 Reasons They Slow Analysis and How to...
  • By | 16 Nov 2021
    今日はJuneteenth holidayで、Cadence CFDでは短い週となりました。しかし、CFDニュースの最新のまとめからも明らかなように、CFDは休む暇もありません。今週は、Rayleigh-Benardフローの魅惑的なビデオ、XV-15ローターのシミュレーション、ケイデンスの旧NUMECAチームがCFDツールを使って行ったクアッドコプターの研究、そして...のシミュレーションなど、本当にクールなCFDアプリケーションがいくつか紹介されています。クリックしてご覧ください。 CFD分野...
  • By | 16 Nov 2021
    生産性の向上を約束する新しいエキサイティングなテクノロジーを追求します。 今年も6月に、CFDに関する様々なトピックを取り上げたライブ ウェビナーを開催します。CFDシミュレーションの最新の進歩について学び、ツールの実際の動作を確認し、疑問に思ったことを直接当社のエキスパートに質問する絶好の機会です。 前処理やシミュレーションの実行時間を削減する専用のアプリケーションワークフローにより、OmnisとPointwiseがどのように正確な結果を、より早く、大幅に低コストで実現するかをご紹介します。...
  • By | 15 Nov 2021
    私が忘れているとは思わなかったでしょうか。ただ、先週の金曜日はちょっと忙しかったので、 ”今週のCFD” をここで紹介する機会がありませんでした。 さて、今週はCFD関連のニュースと良いニュースから始めましょう。第1四半期には多くの財務報告が行われましたが、いずれも好転してきており、CAEビジネスがパンデミックから脱却したことを示す素晴らしい兆候となっています。誰かが発表したHPCの利用に関する調査では、シミュレーションの実行時間のスイートスポットが3~8時間であるという...
  • By | 15 Nov 2021
    タイトルの通り、Pointwise Version 18.4 R4のダウンロードおよび製品使用が可能になりました。V18.4 R4は、ほとんどがバグ修正で構成されています。唯一の新機能は、GlyphスクリプティングコマンドgetCellsUsingIndexのサーフェスメッシュへの拡張です。(以前はボリュームメッシュにしか使えませんでした。) これは、一般的なスノーモービルの周りのボリュームメッシュをカットしたクールなメッシュイメージです。 V18.4 R4 は、 www.pointwise.c...
  • By | 15 Nov 2021
    今日はただの火曜日ではなく、チュートリアルの公開日です。 我々のチュートリアルビデオをご存じですか? 毎週火曜日は、 PointwiseのYouTubeチャンネル で新しいビデオを公開しています。 これはただのビデオではありません。たった3分でメッシュ生成ソフトウェアの機能を知ることができるのです。 以下のビデオでは、内部に穴のある非構造サーフェスメッシュ(ドメイン)を作成する方法を短時間で学ぶことができます。この例では、翼型とシミュレーション空間の外側の境界との間の領域をメッシングす...
  • By | 15 Nov 2021
    今週のCFDニュースには、今週の画像と今週のアプリケーションの両方が掲載されていますが、ご自身で結論を出してください。まだまだオンラインイベントが多いですが、AIAA SciTech 2022はオンラインと対面式のイベントになりそうで嬉しいですね。サンディエゴでお会いしましょう。たくさんの決算情報、たくさんのメッシュの仕事。さらに、AI、GPU、量子コンピューティングの三位一体。ここに示しているのは、CFDを風力タービンの設置に応用した典型的な例で、地形上の乱流強度を示しています。黒い点は、個々...
  • By | 25 Oct 2021
    初めに翼がありました。具体的には、1968年に超臨界の翼および翼を設計するために何か新しいものが必要であることが明らかになりました。今日では、シミュレーションによる航空機認証や、各航空機や航空機部品の正確なデジタル表現(いわゆる「デジタルツイン」)を維持することが真剣に計画されています。この数十年の間に、数値航空宇宙、特に数値流体力学(CFD)がどのように進化してきたかを評価することは有益です。本稿では長さに制約があるため、厳密に正確 な歴史を語るには不十分ですが、CFD が理論や実験と並ぶ正統...
  • By | 25 Oct 2021
    ドローンは、軍事、産業、個人消費者の領域において、幅広い用途での効率的なソリューションであることが証明されています。過去10年間でドローンの利用は急増しており、その年間成長率は50%を超えると予想されています。 ドローンには大きく分けて、垂直離着陸が可能な回転翼機(VTOLs)と固定翼機の2種類があります。回転翼機は、固定翼機に比べて、ホバリング(一定の高度を保つこと)が可能であることや、制御・操作が容易であることなどの重要な利点があります。そのため、屋内での作業、風力タービンでの操縦、建設現場...
  • By | 11 Oct 2021
    引き続きCFD、CAE、CAD関連のニュースが目白押しです。今週は、シミュレーション結果を表示するためのレインボーカラーマップが廃止されるという、私にとっても身近な話題を取り上げています。また、CFD用のAIにまつわる話や、優れた無料の3Dジオメトリ・モデリング・ソフトウェアパッケージに関する記事もいくつかあります。そして、データセンターの冷却用CFDに関する記事もいくつか掲載されています。 また、”今週のアプリケーション”では、これまでに見たことのないようなユニークなC...
  • By | 11 Oct 2021
    金曜日の今日は、業界発表、イベントの最新情報、クールなアプリケーションなど、CFD界のニュースを毎週まとめてお届けします。 今週は、極超音速と建築環境への応用をご紹介します。加えて、CADファイルの未来についての示唆に富む記事へのリンクもあります。 ここに掲載されている画像は、高精度のメッシュとCFDを必要とするケースで、核燃料棒の束です。 詳細は Another Fine Mesh をご覧ください。 この記事に関するお問合せは、 cdsj_info@cadence.com までお願いいたします。 A...
  • By | 11 Oct 2021
    今回で3回目になりますが、私は義務的な”Hello, World!” を書いていることに気づきました。ケイデンスのComputational Fluid Dynamicsブログをご覧の皆さん、”こんにちは”です (誰かが言ったように、Cadence Fluid Dynamicsです)。 私は誰でしょう?私は、学歴は航空宇宙エンジニア、実務はプログラマー、そして今は、面白い人たちと出会い、学ぶことが多いです。先月ケイデンスに入社してからは、確かにそう...
  • By | 11 Oct 2021
    ハードウェア・ブレード・システムの熱解析(Thermal Analysis of a Hardware Blade System)と題されたビデオをご紹介します。”ブレード・システム”は、Cadence社のProtium FPGAプロトタイピングシステムです。数週間前に発表したX2ではなく、X1のことです。熱解析には、ケイデンス社のCelsiusツールを使用しています。私たちは独自のツールを使ってハードウェアソリューションを設計しているのです。解析には、ヒートシンク、ボー...
  • By | 7 Oct 2021
    今週のCFDは、2週間分のニュースが終わっていないうちに収束してしまいました。米国では野球のシーズンが始まっていますが、ファンの方には、高忠実度のCFDによる様々なタイプの投球の軌跡予測についてのケーススタディをお楽しみいただけます。また、アカデミアの仕事と国立研究所の仕事を比較した”必読”の記事もあります。そして、昨日見逃してしまったPointwiseのちょっとしたニュースもあります。ここに掲載されているのは、インクジェットプリントヘッドやその他の電子部品を冷却するため...
  • By | 7 Oct 2021
    今週のCFDニュースは、データを可視化する際に適切な色を選択する方法についての必読記事から始まります。今週はAIが2回登場し、Fortranも登場しますが、これは誰かがAIをFortranでプログラミングしているのではないかと思わせるものです。11月にはハイブリッドイベントが開催されますが、これは近いうちに対面式のカンファレンスに戻ることを示す良い兆候です。8月に開催されるAIAA Aviation(オンライン)に参加するための奨学金を希望する学生は、Diversity Scholars Pro...
  • By | 7 Oct 2021
    AeroDelft(エアロデルフト)は、持続可能な航空開発のの最前線で活躍する学生チームです。デルフト市を拠点に、オランダ国内のさまざまな学校や大学から集まった40人以上の学生が、航空業界を持続可能な未来へと導くために活動しています。エアロデルフトの目的は、液体水素が従来の燃料に代わる航空燃料となることを証明し、普及させることです。航空機の需要は過去最高の水準にあり、その勢いは衰えることを知りません。 私たちの住む世界を守るためには、航空機の使用を止めるか、航空機に革命を起こすか...
  • By | 7 Oct 2021
    今週は、インターネット上のCFD関連の最新情報をお届けしたいと思います。[これをCFDのゴミの大群にするのか?]。今週は、原因不明の理由で海洋アプリケーションが多いため、海洋をテーマにしています。Resolved Analytics社は、CFDコードの比較に関するシリーズと、世界のCFDコンサルタント会社トップ40に関する新しい記事の2つを取り上げています。また、今週のアプリケーションは、CFDのユニークな使い方を知りたいという方にぴったりです。ここでは、私のお気に入りのウェビナーの一つをご紹介...
  • By | 5 Oct 2021
    境界層に六面体セルを使用すると、ロバスト性と精度が向上するため、CFD実務者には好まれていますが、それだけではありません。従来、境界層には六面体による構造格子(マップド・メッシュ)が使用されていましたが、効率的に作成するには多くの手作業が必要になります。四面体及び六面体を含む非構造格子によるメッシング手法は、非構造格子の柔軟性とスピード、そして六面体セルの品質という2つの長所を兼ね備えています。 このオンデマンド・ウェビナーでは、Pointwise(ポイントワイズ)に搭載されている4つの機能を...
  • By | 5 Oct 2021
    エミレーツ・チーム・ニュージーランド は、またしても歴史に名を残し、ニュージーランドに4度目のアメリカズカップのタイトルをもたらしました。4年間の計画と開発が実り、170年の歴史を誇る世界最古の国際スポーツトロフィーの第36回大会の最終レースは、まるで“パンフレット”からそのまま出てきたかのように、鮮やかにスタート。何度ものリードチェンジ、アグレッシブなディフェンスが展開され、そして予想外のドラマが繰り広げられました。7日目の今日、Kiwisは500万人のニュージーランド...
  • By | 5 Oct 2021
    石油化学をはじめとする産業分野では、空気の換気から500℃以上の有害な塩素ガスまで、様々なガス処理プロセスにファンが活用されています。これらのファンの最大回転速度は、業界標準で規定されており、多くの場合、制限されています。この回転数の制限により、ファンメーカーは所望の出力を得るために、インペラ(羽根車)の直径を調整しなければなりません。結果的に形状が大型化して重くなり、製造、試験、輸送にコストがかかることがエンジニアにとっての課題です イリノイ州ケーリーに本社を置く Illinois Blowe...